結婚式における演出の重要な点

主役の二人はもとより、式に参列していただける人にも一生思い出となってほしい結婚式。そのためにも参列者全員に印象に残るものにしなければなりません。一番大切な点は、参列してもらった人々にふたりの雰囲気をアピールすることになります。このふたりらしさを伝えることができれば、親近感を感じる結婚式になることでしょう。次に大切な点は、参加している全員が楽しめる式にすることです。仲の良い友達だけが楽しめるようでは、演出不足です。更に、感謝の気持ちを伝えるということが大切で、両親はもちろんのこと、参加していただいたみなさんに、気持ちを伝えるようにしてみましょう。

結婚式、始まりからちょっと違った演出

結婚式の披露宴の入場と言えば、とても盛り上がるポイントの一つです。そんな入場の演出でキャンドルサービスをしてしまう演出があります。本来、キャンドルサービスは、披露宴の中盤で行うのが一般的です。しかしながら、新郎新婦の入場前に代表者がキャンドルに灯りをともすことで神秘的な雰囲気となります。それから新郎新婦の入場時の音楽は、かなり重要なものです。お気に入りの曲を流すのもいいですが、もしも友人などに楽器が弾ける人がいるようなら、お願いして生演奏で入場するのも感動が増します。

乾杯をするまでの演出

結婚式に参加して頂いた人には、できるだけ楽しんで欲しいものですが、今ひとつ盛り上がることが少ない乾杯までの演出について紹介したいと思います。新郎新婦のプロフィール紹介は、一般的に仲人さんが行います。仲人さんがいない場合であれば、司会の人が紹介するケースがほとんどでしょう。それだと少し盛り上げるに欠けることがあります。そこで新郎新婦が各々相手のプロフィールを紹介してみましょう。緊張や照れで紹介しにくいものですが、その感じこそが微笑ましさを演出します。また、祝電の紹介も事務的になってしまい楽しいものではないことが多いです。そこで新郎から新婦に内緒の祝電を用意しておき、新婦を感動させちゃいましょう。

神戸の結婚式場では、充実した設備が整っているため、あらゆる演出に対応しており、多くのこだわりを持っている場合にも役立ちます。