1日だけ憧れのお姫様!

お金もかかるし準備も面倒だし結婚式も披露宴も一切しないというカップルは多いですが、やはり恐らくは一生に一度しかないことを考えれば結婚式は挙げておくのがおすすめです。親族だけでも良いし、仲の良い友人だけというのでも良いし、例えささやかなこぢんまりとした結婚式でも、一生の宝物になるはずです。この日1日だけは、女の子なら子供の頃誰しもが憧れた、日常生活では決して体験できないお姫様のようになれる日なのです。

一点だけ豪華にしよう

お金や準備のことを考えて結婚式は出来るだけ小さなものにしたいという場合でも、1点だけは豪華にいくのがおすすめですよ。その1点は何でも良いわけですが、ここはやはりドレスを豪華にしてみてはいかがでしょうか。早嫁のウェディングドレスというのは決して自分だけの楽しみなのではありません。参加してくれるゲストの楽しみの上位に必ずくるのが、早嫁のウェディングドレスなのです。自分のセンスを取り入れた完全オリジナルでも良いでしょう。

アットホームな雰囲気の中で

結婚式の費用を抑えるためには、ホテルの会場よりもレストランなどが良いでしょう。レストランであればアットホームな雰囲気でいっぱいだから、この日のために試行錯誤したオリジナルのウェディングドレス1着だけで通すというのがピッタリはまります。ゲストにもカジュアル目のドレスコードをお願いしておきましょう。気のおけない人々に囲まれて過ごす時間は、これからの2人の門出を祝ってもらうには最高のものとなるに違いありません。

鶴岡八幡宮で結婚式を行うカップルは今も昔も多いです。厳かで清らかな、純和式の雰囲気の結婚式は、参加者にとっても価値あるものです。