そもそも婚約指輪ってどういうもの?

婚約指輪は、婚約の証として女性に男性が贈るものであるとされています。そのためプロポーズの際に、婚約指輪をプレゼントするということが多いです。この婚約指輪の起源というものは一説には、エジプトにあるとされています。また別の説では、古代ローマでは婚約というものが結婚よりも重要視されており、婚約の証として指輪のようなものをプレゼントしたことが始まりと言われているのです。現代でもこれらの文化は、受け継がれています。

婚約指輪って本当にいるの?

プロポーズと言えば婚約指輪のイメージがありますが、本当に婚約指輪は必要なものなのでしょうか。実際に最近では婚約指輪をプレゼントしないという場合もあります。しかし、多くの場合はプロポーズの時に婚約指輪を贈るようです。婚約指輪をもらった側も、もらわないよりももらえる方が嬉しいという意見が多くあります。もちろん、婚約指輪は用意しなくてはならないわけではありませんが、用意した方がプロポーズも成功しやすくなるかもしれません。

婚約指輪の相場って?

婚約指輪を購入したいと考えたときに、気になるのはやはり価格の事なのではないでしょうか。一昔前までは婚約指輪の相場は、給料の三か月分などと言われることもありました。しかし、現在では給料の三か月分の婚約指輪を用意する場合はあまりないようです。現在の相場としては、20万円前後の場合が多いようで、あまり高価すぎるものは贈る側ももらう側も避ける傾向があります。身に着けるものなので、高価すぎると委縮してしまうのかもしれません。

婚約指輪とは、結婚を約束した男女間で交わされる贈り物です。男性から女性に、誕生石やダイヤモンドがあしらわれた記念の指輪を送ることが一般的とされており、またそのお返しには同等の腕時計などが選ばれます。